院長ブログ

 当ペインクリニックのシンボルマークをご存じでしょうか?延齢草というユリ科の花をモチーフにしてデザインしてあります。種から開花するまでには10年ほどかかり寒冷地の初夏に咲きます。インターネットでも安価に簡単に手に入ります。院長の出身大学である北海道大学の校花でもあり、当院のシンボルに採用しました。根茎が民間薬的な薬効を持ち、長寿に効果があるため延齢草と名付けられたそうです。札幌では5月頃に北大植物園で咲いているのが鑑賞できます。



今年、平成28年9月に当院の開業10周年を迎えます。これを機に、ホームページを一新し、院長ブログを新たに始めることにしました。痛みのクリニック周囲の話題を中心に、気がついたことを書き留めていきたいと思います。よろしくお願いいたします。