診療案内

健康維持のため、年に一度は健康診断を受けましょう。
当クリニックは、名古屋市国民健康保険による特定健康診査実施医療機関です。

名古屋市内在住の方で、健康診断を受診する機会のない方

大腸がん検診

対象名古屋市内居住の40歳以上の方
実施内容問診、免疫便潜血検査(2日法)
自己負担金500円
40、45、50、55、60歳、70歳以上の方 無料

前立腺がん検診

対象名古屋市内居住の50歳以上の男性
実施内容問診、採血による前立腺特異抗原検査(PSA検査)
自己負担金500円
70歳以上の方 無料

骨粗しょう症検診

女性で名古屋市外在住の方、名古屋市内在住で指定の年齢以外の方、および男性は、自費診療でおこなっています。費用 3,240円

対象名古屋市内居住
4月1日時点で45、50、55、60、65、70歳になる女性の方
実施内容問診、手のレントゲン検査による骨塩定量
自己負担金45、55、65歳の方 500円
40、50、60、70歳の方 無料

C型・B型肝炎ウイルス検査

対象名古屋市内居住で過去にC型・B型肝炎ウイルス検査を受けたことのない方
実施内容採血によるC型・B型肝炎ウイルス検査
自己負担金無料

名古屋市国民健康保険特定健康診査

特定健康診査(特定健診)とは、厚生労働省により、平成20年4月から実施が義務づけられた健康診査で、内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)に着目し、その要因となっている生活習慣を改善するための健康診査および保健指導を行い、糖尿病等の有病者・予備群を減少させることを目的としています。
対象となる方(40歳から74歳の名古屋市国民健康保険加入者)には、名古屋市から受診券および受診案内が送付されます。
4月1日時点で、40歳、45歳、50歳、55歳、60歳、65歳、70歳の方には、心電図検査と貧血検査を追加して行います。

対象受診日現在、名古屋市国民健康保険に加入している方で、「特定健康診査受診券及び利用券」をお持ちの方
実施内容既往症の調査、理学的検査、身体計測、血圧測定、肝機能検査、血中脂質検査、血糖検査、尿検査、その他
自己負担金無料

後期高齢者医療健康診査

当該年度の4月1日から9月30日に75歳になられる方で、名古屋市に住所がある方は、後期高齢者医療の健康診査の対象となります。

対象後期高齢者医療保険者の方(75歳以上の方)で名古屋市交付の受診券をお持ちの方
実施内容診察(業務歴、既往症、自・他覚症状の有無)
身体計測
尿検査(蛋白、糖、潜血、ケトン体)
血圧測定
血液検査
・脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
・血糖検査
・肝機能検査(AST、ALT、γ-GTP)
・心電図検査、眼底検査、貧血検査は医師が必要と認めた場合
診断書作成
自己負担金無料

会社にお勤めの方

雇入時健康診断

実施内容問診、身体計測(身長、体重、腹囲)、視力、聴力(オージオ)、胸部X線、血圧、尿検査、血液検査(血色素量、赤血球数、血糖、GOT、GPT、γ-GTP、LDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪)、心電図
料金10,800円

労働安全衛生規則に基づく定期健康診断A(35歳を除く40歳未満)

実施内容問診、身体計測(身長、体重、腹囲)、視力、聴力(オージオ)、胸部X線、血圧、尿検査
料金4,320円、3,500円(胸部X線なし)

労働安全衛生規則に基づく定期健康診断B(35歳、40歳以上)

実施内容問診、身体計測(身長、体重、腹囲)、視力、聴力(オージオ)、胸部X線、血圧、尿検査、血液検査(血色素量、赤血球数、血糖、GOT、GPT、γ-GTP、LDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪)、心電図
料金 10,800円

その他の健康診断

理容師・美容師についての結核・伝染性皮膚疾患に関する診断書

対象理容師・美容師
料金3,240円

小型船舶操縦士震災検査証明書

料金3,240円

ヘリコバクター・ピロリ菌抗体 血液検査

料金3,000円

健康診断当日のご注意

食事
健診当日は受診されるまで食事・ビタミン剤・ジュース類の飲み物・タバコ・ガムなどは血糖値に影響するため、一切お摂りにならないでください。午後3時以降に受診の方は、朝食はできるだけ早い時間に軽く済ませてください。昼食はとらないでください。検査が出来なくなりますので、必ずお守りください。
服装
レントゲン撮影があるので、ネックレス等のアクセサリー、磁気治療器、湿布等、レントゲン検査に写る物は事前に外しておいてください。妊娠中・妊娠の可能性がある方は、レントゲン検査は受けられません。必ず受付時にお申し出ください。心電図検査が必要な場合は、上下別の服をおすすめします。
検査
健診には検尿がありますので、直前の排尿はさけてください。生理の方は予約日の変更をおすすめします。
内服薬
現在医師の治療を受け、お薬を内服している方は、診察時に問診票に記入してください。心臓病、高血圧症の方は、受診日当日に薬を服用していただけます。その他の薬につきましては、当日はお持ちいただいて、健診終了後に服用してください。

企業検診の問診用紙をダウンロードしてください


ファイルイメージ

産業医業務

企業の方で、産業医嘱託をご希望の場合はご相談に応じます。企業様の規模、職務内容、クリニックからの距離によっては対応できないこともございますので、詳細はお問い合わせください。

事業者は、常時50人以上の労働者を使用するに至った時から14日以内に産業医を選任する必要があります。また、産業医を選任した際は遅滞なく所轄労働基準監督署長に届け出る義務があります(安衛法第13条、安衛令第5条、安衛則第13条第1項・2項)。
産業医に欠員が出た場合も同じく14日以内に選任し遅滞無く所轄労働基準監督署長に届け出なければなりません(安衛則様式第3号による届出)。


一覧へ