院長ブログ

痛みの専門外来であるペインクリニックでは、薬の他に注射がよく併用されています。勿論痛みの治療では、当然ですができるだけ痛くない注射を目指しています。痛くない注射には幾つかの条件があります。まず細い針は絶対条件になります。しかし細すぎると刺入の際に不安定になり、場合によっては体内で折れる可能性もあります。このため当院では27Gか30Gの針を使用しています。ちなみに「膝の注射は痛い!」という先入観があるかもしれませんが、当院では膝関節のヒアルロン酸も27G針を使用しており、かなり刺入時痛は少ない(はずです?)。また針先にはBEVELとよばれる斜めに切れている部分があります。この向きを皮膚の割線方向に一致させて、刺すというよりは針を沈める感覚で注射をおこなっています。もちろん針は一回一回すべて使い捨てにしております。針を抜く時も痛みが生じるため、かるく回転させながら抜去しています。
 以前屋根瓦職人のプロは、粘土から瓦を切り出すときにまっすぐ切らずに軽い振動を加えながら切り出していくという話を聞いたことがあります。私も深い位置に針を刺すときには、目には見えませんが微細な振動を加えながら針を刺入しています。針先に引っかかりがなくスムースに刺入できます。同じアイデアで超音波振動ナイフがすでに料理用に市販されています。ケーキやパンなど力をいれずに引っかかりなく綺麗に切れます。また薬液の温度も影響があり、暖めると比較的刺入痛が少ないと言われており、すこし手のひらでアンプルを人肌に温めて注射することもあります。
 体に注射しても痛くない部位はあるでしょうか。実は痛覚盲点が腕にあるといわれており、針を刺入しても痛くないといわれております。場所は肩の先端の肩峰というでっぱりと、肘の後ろの肘頭とよばれる骨のでっぱりを結んだ線と、三角筋の下縁の交点から6mm下のすり鉢状にへこんだ点が痛覚盲点といわれております。子供のワクチン注射の際に利用している専門医もおります。


ヤヌス神をご存じだろうか。古代ローマの門の神であり、表と裏の異なる二つの顔をもっている双面神のことである。ヨーロッパの旧市街を取り巻いている城壁の入り口に、ときにヤヌス神が飾られていることがある。1年の入り口にあたる1月の英語表現は、ヤヌス神から派生した、「January」が当てはめられている。そこから転じて、強力な鎮痛作用と強い副作用の二面性を併せ持っている麻薬性鎮痛薬をヤヌスドラッグと総称している。麻薬性鎮痛薬は強力な鎮痛作用があるが、一方では長期間の内服使用で性ホルモン減少、食欲減退、注意力障害などの無視できない副作用を引き起こしてくる。米国麻酔学会ではかなり前から麻薬性鎮痛薬をヤヌスドラッグとして警告してきており、図のようなポスターを配布してきた。日本式に表現すると、諸刃の刃である。



日本ペインクリニック学会が第50回を迎えたのを記念して記念誌が発行された。記念誌で募集された、「未来の痛み治療に抱く夢」部門に、私の応募原稿が採用されたので、以下に掲載する。

題名 偽薬鎮痛法の応用
ここ数年多くの疼痛治療薬の臨床治験に参加してきた。その際偽薬の鎮痛効果がいずれも実薬の7割程度の薬効を示していることに驚かされた。臨床治験という特殊な状況下の結果ではあるが、この偽薬効果を直接生み出すことができる実薬?(偽薬鎮痛薬)が合成できれば、生体内鎮痛機序を利用した新たな疼痛治療法の可能性がある。
偽薬の標的は内因性オピオイド系と側坐核のドパミン系の活性化である。このため確実な偽薬治療効果をあげるには、事前のオピオイド系やドパミン系の遺伝子プロファイリングと、医療サイドと患者の良好な信頼関係の確立という前提が必要になってくる。また偽薬効果では各種の寄与因子の積み重ね効果が認められており、適切な患者選択のうえで偽薬効果の寄与因子のスコアリングを行い、有効性が予想される疼痛患者に対して偽薬鎮痛薬を投与する。この結果生体内鎮痛予備力を最大限に発揮させて、一種の和痛状態を得ることができる。
偽薬効果は万人に生じるわけではないし、一部ではノセボ効果による疼痛悪化の可能性も残されている。またサイエンスの立場から、偽薬は正しい病気の原因や治療法の探求からは排除されてきた経緯がある。しかし一方では偽薬効果発現による疼痛抑制系は、生体にとっては副作用の少ない優しい鎮痛システムというメリットがある。偽薬鎮痛法を未来の新たな「優しい疼痛治療」のオプションとして提案したい。



皆様、明けましておめでとうございます。
本年も、きむらクリニックでは痛み患者ファーストで、診療をおこなっていきたいと思います。さて、年が明けて院内に変化があったのにお気づきでしょうか。待合室にリトグラフを一点新たに掛けました。作者は群馬県出身の芸術家の司修さんです。もともと映画館の看板書きの助手として働きつつ独学で絵を描き始め、絵画、小説、絵本、装丁など多数の幻想的な芸術作品を創作してきたかたです。小学館児童文化賞、産経児童出版文化賞、川端康成文学賞、毎日芸術賞、大佛次郎賞、イーハトーブ賞など多数の受賞歴があります。ではなぜ司さんの作品が当院にあるのでしょうか。じつはこのリトグラフは、平成11年に群馬県前橋市で開催された日本ペインクリニック学会で、私が最優秀ポスター発表賞を受賞したさいに、受賞の記念品として当時の群馬大学教授の後藤文夫先生から贈呈されたものです。幻想的な素晴らしい作品です。当院受診の際には、ぜひご覧になってください。



今やラーメンブームといってもよいかもしれない。メディアでもよく人気のあるラーメン店の特集を目にするし、ミシュランの星がついて話題になった店もある。私がよくでかけるのは、クリニックから徒歩で30分くらいにある東区赤塚交差点ちかくの、麺屋 如水である。夜6時の開店時にはいつも行列待ちができている。故郷の北海道の千歳空港で帰りの飛行機を待つ間に、時間があるとよくターミナルビル3階にあるラーメン食堂街にいくことが多い。まっさきに目にはいるのが、入り口近くにあるエビスープで有名な「えびそば 一幻」さんの行列である。一度食べてみたいと思うが、残念ながらあの行列を待つ勇気がないため、一番奥にある「けやき」の味噌ラーメンを食べてくることが多い。 
海外でラーメンというと、どんな食べ物がでてくるだろうか。以前ニューヨークに滞在時に、近くの中華のテイクアウトで、ramenとかかれたメニューがあった。汁物のテイクアウトとは一体何だろうと一度興味本位で頼んでみた。でてきたのは四角い紙のバスケットにはいった焼きそばであった。世界各地にある中華のテイクアウトではよくこの焼きそばがramenとして売られている。もちろん今は海外でもramen店と書かれた店でramenを注文すると、日本のラーメン店顔負けの立派なラーメンがでてくるようである。
 さて生涯のなかで、もっとも美味と感じたラーメンは?と問われると、今から約50年前の話にさかのぼる。当時私が中学入学前の春休みに父と一緒に北海道のニセコ連峰の春の縦走にでかけたことがある。夕方ニセコ連山からおりてきて、当時の狩太駅(現在のニセコ駅)に着いた。時刻はすでに夜の6時前後だったろうか。次の札幌行きの列車までずいぶんと時間があいていた。駅の周りをみわたしても、食堂などはまったくなかった。駅員さんにどこか食事ができるところはありますか?と尋ねると、近くには食堂はないが、駅前の小売店のかたに聞いてあげましょうといわれた。ほどなく食事をつくってもってきてくれることになった。やがてお店のかたがそろそろと丼を二つもってきてくれた。丼のなかには湯気のたったインスタントラーメンがおいしそうなにおいをたてていた。二人でラーメンを汁まですっかり平らげたのはいうまでもない。食事がおわったあと、すでにあたりは真っ暗になっており、誰もいなくなった駅舎の待合室で石炭ストーブを囲みながら次の列車が到着するのをまった。父が駅員さんに口利きのお礼のお菓子をさしいれると、お返しに事務所の中から綴じた新聞を貸してくれた。良き時代であった。
 平成28年のお盆休みに帰省した時に、思い立って懐かしいニセコ駅にでかけてみた。途中小樽の運河を散策したあと、まず倶知安駅まで行き、そこでローカルのワンマン電車に乗り換えてニセコ駅までいってみた。おりしも観光シーズンのため、電車内は海外の観光客も含めて満員であった。ニセコ駅におりたち、駅舎内にはいると、たぶん何度か改装されたとは思うが、狭い待合室が気のせいか50年前そのままの雰囲気がした。長年心の片隅に残っていた父と食べたラーメンがまるで昨日のように思い出された。駅舎から表にでて、あの思い出のお店のあった方角をみると、それらしい建物がみえた。隣にはしゃれたイタリアンレストランが隣接していた。残念ながらお店はお盆休みのためか、しまっていた。駅前にはミニFM局や温泉施設もできていた。駅舎内の掲示物は英語表記のものが多く、国際的な雰囲気がただよっていた。帰りの電車待ちの途中で駅前に五色温泉行きのバスがきた。医学生時代に春スキー合宿でよくでかけた場所であり、懐かしい記憶がもどってきた。ワンマンバスの運転手から、どうしますか、乗りますか?と声をかけられたが、帰りが心配になり乗車は辞退した。札幌までの帰りみちに、小樽で再度途中下車し念願の小樽の寿司を駅前近くの「よし」で堪能し、センチメンタルジャーニーを終えた。